【簿記】全商簿記1級持ちが初心者におすすめの勉強法を紹介します【3級】

 

 

こんにちは、みやこです。

 

全商簿記1級持ちが簿記の勉強方法を紹介します。

日商簿記は持っていません。

 全商簿記は高校生向けの検定

 

 

f:id:miyakoblog:20190203071806j:plain

簿記の勉強法

 

簿記といえば仕訳でつまずきません?

 

私は高校の授業で習っていたのですが、最初は全く分かりませんでした。

 

そんなとき先生が仕訳の勉強法を教えてくれたのですが、それは

「仕訳問題を上から順に解いていき、間違ったら1からやり直す」

という方法です。

 

仕訳ができないと簿記は解けません。

半信半疑でこの勉強法を試したのですが、効果ありました。

 

この方法を試していなかったら全商簿記1級なんて

取れなかったと思うほど効果ありました。

 

何回も何回も解いているうちに嫌でも覚えます。

問題に慣れることから始めましょう。

 

まずは全商簿記から

 

簿記の勉強をしたことがなく日商簿記を受ける方は、

まず全商簿記の3級を解いてみてください。

 

全商簿記の問題はこちら↓

簿記実務検定試験 過去問題 | 公益財団法人全国商業高等学校協会

 

日商簿記の問題を見たあとに全商簿記の問題を見たらびっくりするかもしれません。

簿記初心者にもかなり分かりやすい問題になっています。

 

当時聞いた話なので今はわかりませんが、

全商2級が日商3級くらいの難しさと言っていた気がします。


全商簿記は日商簿記より問題が易しいので、

時間に余裕のある方は全商簿記で問題に慣れてから

日商簿記を解いてみるといいかもしれません。

 

f:id:miyakoblog:20190203071751j:plain

まとめ

 

私の場合、簿記の先生は板書することはなく、

初めての簿記の授業でただひたすらに過去問を解かされました。


過去問には解説が載っているので、ほぼテキストを開くことはありませんでした。


まずは1回問題を解いてみることをおすすめします。

 

テキスト・過去問があれば問題集・予想模試は要らないと思います。

主観なので悪しからず。

 

当たり前のことかもしれませんが、著者はなるべく合わせて買いましょう。

 

 

終わり。